健康コラム

no.129
テーマ:「ルイボスティー」
2017年11月号
※内容は掲載当時の情報です。何卒ご了承下さい。
【1】ルイボスティーとは
ルイボスティーは“ルイボス”というマメ科の植物の葉を乾燥させたお茶のことです。

お茶の色や風味が紅茶に似ていますが、紅茶や緑茶、中国茶とは原料が異なり、ハーブティーとして分類されます。

ルイボスティーの原料となるルイボスは、南アフリカ共和国の西ケープ州、セダルバーグ山脈に囲まれた一帯でのみ、栽培されている希少なものです。

ルイボス栽培には、これまでヨーロッパやオーストラリアなど様々な国が挑戦しましたが、いずれも失敗に終わっているようです。※

この地域は、朝夕の気温差が大きく、その差は何と30℃以上。
日中は強い日差しが照りつけ、降水量も少ない厳しい気象条件です。

この自然環境の中で育つルイボスから作られるお茶は、南アフリカの先住民の間では200年以上も前から、「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として親しまれています。

※産業的な栽培には至っていませんが、京都でルイボスの開花に成功したという報告もあります。
【2】ルイボスティーの成分
ルイボスティーが南アフリカから、世界各地に広まったのは20世紀。
ロシア人移民のB・ギンズバーグ氏が興味を持ち、栽培・加工方法を研究し、ヨーロッパに紹介したことから始まります。

ギンズバーグ氏が着目したのは、ルイボスティーを飲んでいる部族が若々しいのに比べ、飲んでいない部族は年齢より老けて見えたという点でした。

それもそのはず、ルイボスティーには老化の一因とされる活性酸素を除去する成分が含まれているのです。

このことが近年判明し、ルイボスティー人気が高まっています。

ここからはルイボスティーに含まれる成分の特徴について見ていきましょう。


◎SOD様作用物質
SODとは、“スーパー・オキシド・ディスムターゼ”を略したもので、
“スーパー・オキシド”…活性酸素
“ディスムターゼ”………取り除く酵素 を意味します。

活性酸素は、酵素の働きを促進したり、体内に侵入した細菌などを駆除してくれる役割を持っています。

本来は体にとって必要なものですが、増えすぎると細胞にダメージを与え、老化の引き金になります。

ルイボスティーには、この活性酸素を除去する働きがあり、過剰な活性酸素の害から体を守ってくれます。


◎ミネラル類
アフリカ大陸南部は、地球で最も古い地層からなっており、原料となるルイボスは地中の奥深くに根を伸ばし、ミネラル豊富な地層から栄養分を吸い上げています。

特に私達の体に必要なマグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。


◎低タンニン
ルイボスティーには鉄の吸収を妨げるタンニンが少ないので、貧血でお悩みの方にもおすすめです。


◎ノンカフェイン
カフェインを含まないので、妊娠中・授乳中の方や小さなお子様も安心して飲むことができます。

※活性酸素についてはこちらのメルマガもご参考ください。
【3】簡単アレンジ!ルイボスティー
そのまま飲んでも美味しいルイボスティーですが、いつもの味に、ちょっとアレンジを加えてはいかがでしょうか。

また、「独特の味が苦手」「たまには違う味も楽しみたい」といった方にもおすすめです。

ここからは寒い時期にぴったりの「はちみつジンジャーティー」をご紹介します。

まず、煮出したルイボスティーにすりおろした生姜を加えて弱火で加熱します。(出来れば直前にすりおろすと◎)

カップに注ぎ、はちみつをお好みの量加えてよく混ぜます。
お好みでレモンを加えると風味が増します。

その他にも、煮出したルイボスティーにフルーツを加えたり、シナモンや豆乳を加えてチャイ風にしても美味しいですよ。

また、紅茶や日本茶は、茶葉をいれたままにすると渋くなってしまいますが、ルイボスティーは煮出せば煮出すほど、味がまろやかになるので、私はよく煮出すようにしています。

皆さんもいろんなアレンジで楽しんでみてくださいね。

※1歳未満のお子様は「乳児ボツリヌス症」の危険性があるため、はちみつはお控えください。
◇◆管理栄養士の独り言◇◆
昔、実家ではお茶といえばルイボスティーでした。

「ルイボスティーはアレルギーに良い」と聞いた母が、食物アレルギーのあった私たち姉妹のために購入していたそうです。

小学生になって、友達から「変わった味だね」「紅茶みたい」と言われ、初めてみんなの家のお茶の味とは違うんだなと知りました。

その頃はあまり一般的ではなかったルイボスティーも、今はスーパーやコンビニエンスストア、カフェのメニューでもよく見かけます。

私も会社では毎日ルイボスティーを飲んでいます。
久し振りに飲んだ時、とても懐かしい味がしました。

毎日のお茶で抗酸化作用やミネラルが摂れるなんて、お得な気分です。

是非、皆さんも新しい習慣として取り入れてみてはいかがでしょうか。

※ルイボスティーの詳細はこちらもご覧下さい(製品一覧)