メニューを開く
ENTRY
  1. トップページ
  2. /
  3. 社員紹介
  4. /
  5. 織田さつき
お客様の元気が続くために
健康面や生活面をサポート
食養相談室 管理栄養士 織田さつき(2016年入社)

会社とお客様を繋ぐ窓口の役目

仕事のメインは、お客様から頂いたご愛用者カードの確認と返答作業です。手書きでコメントを書いてくださる方には、こちらも基本的には自筆でお返事をお送りするようにしています。

あとは、お電話やメールで製品に関するご質問や相談が来る場合もありますので、その対応もさせて頂いています。弊社の製品を愛用してくださっている方のなかには、親子3代という方もいらっしゃいます。製品を飲んでいただいているお客様と直接やり取りをする仕事ですので、これからも長く愛用して頂けるように、しっかりとお答えすることを心がけています。

健康維持のためにはもちろん、
お悩みの方にも適切なサポートを

管理栄養士の仕事は、病院や福祉施設に勤務してドクターやナースと協力しながら食事メニューを考案する人、厨房で調理をする人、メーカーで研究開発をする人など、本当に多岐に渡る仕事があります。私も以前は高齢者福祉施設の管理栄養士として、ご高齢の方の健康を栄養面からサポートをしていました。でも、そういう施設では、様々な事情から、やりきれない思いを持つことも多くて…。もっと幅広く、多くの方の栄養面はもちろん、体調面や生活面に至るまで応援していきたいと思って、こちらに転職してきました。

弊社の管理栄養士としての仕事は、実際に製品を飲まれている方からの問い合わせやご相談に関してお答えすることです。私もまずは、自社の製品に関して詳しく理解することや、入っている成分に関しての理解度を深めることから始めました。薬ではなく、あくまでも「栄養補助食品」ですので、効果があるとか、効き目があるというお話をお客様にすることはできません。最初の頃はどうお答えすればいいのか、とても難しくて毎日悩んでいたような気がします。でも、少しずつ製品に関しての理解が深まったり、栄養素に関しての自分なりの返答が頭の中で整理されてくるにつれて、健康を維持するために飲んでくださっている方はより楽しい時間が過ごせるように、お悩みの症状をお持ちの方には少しでも症状を和らげて頂けるようになど、製品を通じてお客様の生活に関わることができていると実感するようになりました。

誰でもいいじゃなくて、私がいい!
そんな仕事ができるようになりたい

最初の頃はお返事ひとつにしても、先輩方から教えてもらったことをお伝えするだけで精一杯だった気がします。でも、お客様の相談や悩みってやはり十人十色です。今は少しずつですが、お客様の気持ちに寄り添うところまでたどり着けているかなと思います。

あとは、この間はじめて、滋賀県の薬局様で私がセミナーを開催したんです。実はその3か月前に骨の測定会を行って、そこで私の話し方を気に入ってくださった薬局様が「セミナーを開催してね」って言ってくださり、実現したものなんです!これからの目標は、誰でもいいじゃなくて、私がいいと言って頂けるような、お客様にも薬局様にも喜んでもらえる仕事がしたいですね。

1日の流れ

  • 08:30出社
  • 09:00メールチェック、ご愛用者カードの返答、適宜電話対応
  • 12:00昼食 ほぼ毎日お弁当
  • 13:00返答続き
  • 14:00次回配信のメルマガ作成
  • 15:30ご愛用者カード入力手伝い
  • 16:00測定会・セミナーで使用する資料作り
  • 18:00退社
© 2018 Japan Clinic Co.,Ltd.
ページトップへ戻る
× メニューを閉じる