メニューを開く
ENTRY
  1. トップページ
  2. /
  3. 社員紹介
  4. /
  5. 森田雄大
会社と仕事の根幹を支える
綿密な計画性と大胆な実行力が鍵
総務人事課 主任 森田雄大(2009年入社)

営業職から一転。総務職へ異動に

                 

入社したのは営業職で、それから7年間ずっと営業畑一筋でした。だから総務課へ異動してからは約2年ですね。営業職の時には自分の成果が数字で見れましたし、やりがいや手応えをすごく感じていましたが、 仕事に慣れてくるほど、仕事の根幹と言うか、会社の根幹を支える総務の仕事にもすごく興味が沸いてきたので、自分の中ではとてもいいタイミングでの異動になりました。

総務の仕事って、自分が営業職のときには何でも屋みたいに思っていたんです。でも、会社すべての業務を把握しなければいけない仕事だと知って、結構驚きました。

総務はもちろん、法務や人事も担当
時には重要機密も扱う幅広い仕事

従業員数の多い会社はそうじゃないと思うのですが、弊社はまだ従業員数100名程度ですから、総務の仕事はいわゆる「総務的」な仕事だけに留まりません。例えば昨年、本社を移転したのですが、その移転に関しての業者選定から準備、引っ越した後に速やかに社員が通常業務に戻れるよう、綿密に計画を立て実行する必要がありました。

人事に関して言えば、新入社員の書類関係の処理はもちろん、入社後の研修や、各部署に連れて行っての顔合わせも行います。法務に関しては、営業部が新規契約を結ぶ際の契約書に関する内容確認や保管も重要です。内容に関しては、専門的な知識と経験が必要になる場面も多々あります。社内の部署はもちろん、弊社は各地に営業部や工場もありますから、そちらも含めてすべての部署と連携を取り、全体を見渡す部署になりますね。

先ほども言いましたが、私も自分が総務の業務をするまでは、社用車の管理とか福利厚生関係などをする「何でも屋」だと思ってましたけど、会社にとって必要なことすべてを扱います。外勤も内勤も経験した私だからこそ、潤滑にできる作業もありますから、雑用的な何でも屋ではなく、頼れる何でも屋を目指しています。

極端に言えば「八方美人」ほど総務向き!状況判断と的確な対応ができる人がいい

良い意味でも悪い意味でも使いますが「八方美人」ってありますよね?誰にでもいい顔をするってことですけど、どんなときでも、どんな状況でも「いい顔」ができるってすごく大切なことだと思うんです。
そして、そんな風にできるのは、事前の準備をしっかりと行い、周りの状況を判断して、的確な対応をしているということです。

実は私も性格的に、行き当たりばったりは苦手というか、旅行するなら事前の準備はしっかりと行うタイプです(笑)。プライベートでも仕事でも、計画を立てて八方に美人になれる人は、総務向きでもあるし、弊社にマッチングできる人だと思いますよ。

1日の流れ

  • 08:30出社
  • 09:00朝礼、メールチェック
  • 09:30申請書類等の処理
  • 11:00来客対応
  • 12:00昼食
  • 13:00ワーク
  • 13:30申請書類等の処理
  • 15:00来客対応
  • 17:00メールチェック
  • 18:00退社
© 2018 Japan Clinic Co.,Ltd.
ページトップへ戻る
× メニューを閉じる