タウリンのはたらき 



タウリンとは

「タウリン」は、アミノ酸の一種で魚介類や軟体動物に多く含まれています。人間の筋肉や、胆嚢の中の胆汁酸と結合して存在しています。

哺乳動物の成長に重要な栄養素で母乳中にも存在し、脂質の消化・吸収に直接関与し、眼の網膜機能障害がタウリンの欠乏に関連していることも報告されています。

特に筋肉には体全体の70%のタウリンが含まれています。また、心臓や脾臓、脳の一部、網膜、白血球中にも高濃度のタウリンが含まれています。

哺乳動物の臓器中のタウリンは、食事からの摂取と生体内での合成によってまかなわせています。

生体内では硫黄を含むアミノ酸(含硫アミノ酸)であるメチオニン、システィンからタウリンは合成されますが、その合成量は動物の種類によって大きく異なります。

人はタウリンの合成量は少ないと考えられています。小児に対してタウリンを含まない輸液を長期間中心静脈栄養で投与したところ、血漿のタウリンレベルが低下し、網膜機能に軽い異常が見られるという報告もあります。

タウリンは胆汁酸と結合することで抱合胆汁酸を形成し、腸管での脂肪の消化・吸収を助ける働きをしています。

胆汁酸はコレストロールから作られるので、タウリンはコレストロールの消費を促進し、血液中の脂質を改善します。

タウリンを多く含む食品は海産物で、植物には殆ど含まれていません。

現在、厚生労働省では化学合成的に合成(@臭化エチレンに亜硫酸ナトリウム、アンモニア、Aエチレンイミンと亜硫酸、Bニトロエチレンと亜硫酸水素ナトリウム)されたものを医薬品のタウリン(医薬部外品ドリンク剤など)、牛の胆汁や魚介類のエキスなどを使用しているものを食品添加物として扱っています。

人の体内でもタウリンは生成されていますが、生命活動を営む絶対量が少ないため、対外からの摂取に頼ることになります。

タウリンは1日3,000mg〜6,000mgが必要とされていますが、1日の食事から摂取できる量はわずか50mg、多い人でも250mgしかありません。

タウリンを含む海産物


タウリンの作用

  1. 心筋の収縮力を高めることにより、血流量を増やし、うっ血性心不全を予防
  2. 交感神経抑制作用により食塩過多の高血圧の改善
  3. インスリン分泌の促進により糖尿病の予防、治療と膵臓のランゲルハンス島のβ細胞を守ります。
  4. 肝臓の解毒作用の強化により、アルコール障害を改善。またアミノ酸であるため、肝臓病予防や治療効果もあります。
  5. 胆汁酸の分泌促進によりコレステロール胆石を溶解。またコレステロール排泄を促進し、善玉コレステロールを増加させる。
  6. 小腸のぜん動運動を促進し、内容物のスムーズな移動を助け、腸内環境を維持する。
  7. 気道収縮を予防することにより気管支喘息を改善させる。
  8. 新生児の脳の発育を促進する。



タウリン関連ページ
・日本クリニック特許一覧
・patents
・中央研究所業績集 
・微量栄養素研究会
・牡蠣のタウリン taurine from oyster
・パックマンの「こんな質問受けました」タウリン